エンジンをかける前に


使い方が分からない時は店の人に聞こう
●オーディオ/ラジオ類

ダッシュボード周辺は、真夏時では約80度前後の熱を持ってしまいます。逆に冬場は氷点下になることも…。年数が経過しているオーディオは、こんな熱変化によって耐久性が落ち、どうしても品質変化が起きやすいのです。

 オーディオでチェックしておきたいのは、まずスピーカー音。オーディオのフェンダー/バランス調整を使って、スピーカーをひとつずつ聴いてみましょう。
 ひと昔前の標準装備だったカセットなら、ヘッドが錆びている場合もあり、CDではスロットの不具合や音飛び、チェンジャーがきちんと換装しないなどのトラブルが故障の代表例です。

 車中ではラジオだけという人なら、こだわりは不要ですが、音楽を存分に楽しみたい人は、古くなったオーディオも消耗品のひとつと考えて、新品などに換えた方が無難かもしれません。
 その際、輸入車系ではコンソールパネルの形状次第でお気に入りのオーディオが取り付けられない場合があるので、機種の対応状況も事前に確認しておきましょう。



クルマ購入基礎知識トップへ戻る