エンジンをかけてから


サスペンションのジョイント部分
●ステアリングを動かしてみよう

 現行のほとんどの車には、パワーステアリング機構が付いています。しかしパワステフルードが極端に劣化していたりすれば、効きが悪くなってしまい、せっかくの機能が活かしきれなくなってしまいます。
 実際にエンジンをかけて、ステアリングを左右に据えきりをして、さらにボンネットを開けてパワステフルードが焼けこげた色に変色していないか確認しましょう。

 またステアリングを左右に据えきりした際、どこか引っかかったり、異音がする場合は、ステアリングのロッド、ジョイント、サスペンションのジョイント部分の破損など、比較的大がかりな修理が必要となります。
 極端に車高を低くしているクルマは、サスペンションのジョイント部分を保護するブーツが切れて、ジョイントそのものが壊れている場合があります。



クルマ購入基礎知識トップへ戻る