あらたに始まる自動車リサイクル法の基礎知識
自動車リサイクル法
今、地球上で大きな問題となっている環境問題。自動車の廃棄とこの環境問題は密接な関係にあり、また一つの社会問題となっているのが現状だ。
その対策のひとつとして、自動車リサイクル法というものがある。
リサイクルという言葉には馴染みがあるだろうが、自動車のリサイクルとはいったいそれがどういうものであるのかを、この機会によく理解してもらいたい。
というわけで、ここで2005年の1月より施行された自動車リサイクル法について詳しく解説しよう。

A.ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル社会を作るために、クルマのリサイクルについてメーカー、関連業者、クルマの所有者の役割を定めた法律。

※原則としてすべての四輪車が対象(トラック・バスなどの大型車、商用車も含む)

“自動車リサイクル法”が2005年1月より施行される
自動車が廃車となった後は、解体業や破砕業者によって総重量の約80%の部品金属類が再利用(リサイクル)され、残りの再利用が難しいものに関してはシュレッダーダスト(破砕くず)として埋め立て処分されている。しかし、埋め立て処分場が全国的に不足ぎみだし、処分費用は高騰していく一方。その結果、不法投棄や不適正処理が社会問題となっている。その上、クルマに装備されるエアコンのフロン類が不適正に処分されることで、オゾン層の破壊や地球温暖化へ拍車をかけることとなり悪影響を招いているのが現状だ。

そこで、今回この社会問題となっている不法投棄や不適正処理の解決策として取り上げられたのが、この自動車リサイクル法だ。このリサイクル法という言葉には、皆さんも馴染みがあるはず。’01年4月から施行されている家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)がそれだ。家庭で使わなくなった特定の電化製品の処分費用を消費者が負担する。この法律に似た仕組みが、自動車を廃棄(廃車)する際にも適用されることとなったのだ。

「自動車リサイクル法」は、’02年7月に法律として国会で成立をした。主に、使用済み自動車(廃車)から出る部品を回収してリサイクルもしくは適正に処分することを自動車メーカーや輸入業者に義務付ける法律だ。この、リサイクル法のポイントとなるのが、このリサイクルにかかる費用は、車を所有する消費者が負担するという点だ。対象となる車体の部位は、大きく分けて3種類で、エアコンに使われるフロン、車体を粉砕した後に残る破砕くず、エアバッグがあげられる。


[シュレッダーダスト]クルマの解体・破砕後に残る廃棄物
[フロン]カーエアコンの冷媒。オゾン層破壊・地球温暖化の要因となる
[エアバック]安全な処理には専門的な技術とコストが必要となる

  次のページ