あらたに始まる自動車リサイクル法の基礎知識

Q.リサイクル料金はいつ払えばいいの?
A.クルマごとにその金額は違ってくる。国産メーカーや輸入車業者によってその金額が個別に設定される。

リサイクル料金は、解体業や破砕業者によってリサイクルにかかる費用を補うもの。 その費用は車種やグレード、またエアバックの有無などそのクルマの装備によって変わってくる。それぞれの金額は、国産各メーカーや輸入車業者によって設定される。国産車では1万円弱〜2万円弱となり、輸入車に関しては若干高めに設定されている。

自動車リサイクル法の施行にあたり、クルマを所有するユーザーがこのリサイクル料金を負担する義務が生じる。

ここで支払うリサイクル料金は各業者に支払うものではなく、あくまでもそのクルマが廃車になるまで預けておくこととなり「預託金」と呼ばれている。預託されたリサイクル料金は、「自動車リサイクル促進センター」に集められ管理される。

実際にクルマを所有した後に売却をした場合には、この預託金を買い取り業者から受け取ることができる(一部費用を除く)。よって、最後にクルマを廃車とした所有者が、リサイクル料金を全額負担することになる。

料金の内訳
例)5ドア・ハッチバック・コンパクトの場合
フロン類回収料金 2,000円前後
エアバック類回収料金 2,500円前後
解体・破砕業務 6,500円前後
合計 11,000円前後
※上記の金額とは、別途に資金・情報管理費600円前後が必要となり、クルマの売却時には返金されません

リサイクル券ってなんだ?
リサイクル料金を支払うと(預託すると)、その証明書としてリサイクル券が発行される。リサイクル券の受渡しは、預託手続きを行った販売店や車検工場などで受け取ることができる。この券は、リサイクル料金を預託したという証明をするとともに、クルマの登録時や廃車時に加えて、車検時にも必要となるので、車検証や自賠責保険証などと同様、大事に保管する必要がある。またキャンピングカーなど、構造変更がされているクルマの場合には、追加預託金が必要となる場合がある。購入の際には、その販売店などで調べることができる。
車種別リサイクル料金表リンク集

前のページ 次のページ